• ホーム
  • 早漏と遅漏の具体的な違い

早漏と遅漏の具体的な違い

悩んでいる男性

早漏と遅漏は全く逆の言葉として使われていますが、具体的には何が違うのでしょうか。
まず早漏についてですが、はっきりと定義されているというよりも、挿入後約1分以内に射精してしまったり、性行為を満足させられないうちに射精してしまったりする場合と言われています。
時間ではっきりと定義することは難しく、またパートナーにとっての満足の基準も曖昧なため、状況によって定義が変わることもあります。
遅漏の方も同様に定義するのは難しいです。
こちらは一応の定義としては、射精時間が本人の意思に反してかなり遅れてしまう、マスターベーションを行わないと射精できない、などの場合と言われています。
早漏も遅漏もはっきりとこれ、と定義するのは難しい症状ですが、根底にはどちらも性行為が満足に出来ないという不満があります。
治療薬としては、早漏にはキシロカインゼリーなどがあります。
キシロカインゼリーの主成分であるリドカインには麻酔作用があり、これが早漏(PE)に対して効果があるとされ支持されています。
普段すぐに射精してしまう刺激を鈍磨させることで、ゆっくりと性行為を楽しめるというメリットがあります。
早漏治療以外にも皮膚の麻酔薬などとして使われている信頼できる薬です。
リドカインの特徴は毒性が弱いのに即効性があることで、効き目時間も長めです。
効き目が長いということは使うタイミングをそれほど考えなくても済むということで、とても便利です。
使い方は陰茎部に適量を塗布して、挿入時の早漏に備えます。
男性の早漏治療薬としても有効ですが、逆にパートナーである女性に対し、性行為時の痛みを和らげるように使われることもあります。
キシロカインゼリーを塗ると麻痺したようになります。